履修のルールと評価基準など(追って掲示)

幸福論 月曜4校時(14時40分〜16時10分) @2-306【教室変更】
▶課題図書: ヴィクトール・フランクル著『夜と霧』(新版)
▶︎レポート:7月6日(月)午前6時〆切
▶課題図書②:『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』
▶︎レポート②:7月27日(月)午前6時〆切

「幸福論」へようこそ。この授業は、幸福について学ぶだけでなく、実際、皆さんの自身を幸福にするために設計されています。ただ、幸福について、大きな誤解があります。多くの人は、「気持ちのいいこと」「楽なこと」が幸福だと考えていることです。少し想像するとわかると思いますが、楽な人生は決して幸福な人生ではありません。気持ちのいいことばかりを選択する人生は、間違いなく破滅に向かいます。実は、幸福とは、野球で甲子園を目指すように、(楽しくも厳しい)トレーニングが必要なのです。私はこれを、「心の筋トレ」と呼んでいます。この授業は、皆さんの「心の筋トレ道場」、私は、「心の筋トレのコーチ」だと思ってください。これから4ヶ月、一緒に心の汗を流しましょう。

*ゴールデンウィーク明けまでの自宅学習の間、以下の課題に取り組むこと。

デヴィッド・スタインドル=ラスト「幸せになりたいなら感謝しよう」2度視聴する。彼は、「幸せだから感謝するのではなく、感謝する人が幸せになる」という。彼の言葉通りに1ヶ月間生きてみる。自分に起こった変化をまとめ、自分の考察を交えてレポートする。

サム・バーンズ「僕の幸せな人生の秘訣」2度視聴する。サムは人よりも7倍のスピードで年をとる「プロジェリア症候群」を患っている17歳の高校生だ。このため、17歳といえども体は老いている。このスピーチの翌年彼は老衰で亡くなった。しかしながら、(おそらく自身の死期を知りながら)彼は「自分が幸せだ」ということを、みんなに一番伝えたいという。サムはなぜ幸せだったのだろう? このことについて、じっくり考えてみなさい。その本当の理由を見つけなさい。あなたの考えをまとめてレポートしなさい。

③幸せに生きることの重大な要素の一つは、自分の弱点を克服すること以上に、自分の長所を生かすことである。苦手なことに悩むより、自分らしさを見つけることはとても重要だ(誰にでも必ずある)。その一助とするために、以下を試みなさい。「VIA強みテスト」(200 国、180万人が登録しているペンシルベニア大学の公式サイト)に登録して、自分の強みを見つけ、行動を起こすこと。 ☞ Select Languegeで「日本語」を選択 ☞ 「測定テスト」 ☞ 「Register」をクリックして登録・ログイン(PCからでないとうまく登録ができない時があるので注意) ☞ 「短縮版強みのテスト」の質問にすべて答える ☞ 自分の一番の強みを理解する(一番のみで良い)。自分の一番の「強み」を使う行動プランを明確にまとめる。例えば、自分の強みが「創造性」の場合、詩を書くために2時間確保する、「希望/楽観性」 の場合、宇宙計画の未来についてのコラムを沖縄タイムスに投稿してみる、「自己コントロール」の場合、テレビを見る代わりにジョギングに出かけてみる、 「審美眼」の場合、通学を徒歩に切り替えて遠回りの美しい道を選んでみる、などなど。自分の強みを生かした行動の結果をまとめ、レポートする。

④5月11日午前6時までに、上記3つの課題を一つのメールにまとめて提出のこと。タイトルに【幸福論・氏名・学籍番号】を必ず記載すること。特段の形式はないが、読む人が理解しやすく読みやすいように、思いやりを持って仕上げるよこと。以上の課題の内容は、再開後の授業の中でも、何度か参照される。この課題に真剣に向き合うことが、のちの授業の理解を深めることになる。

⑤なお、上記の「課題図書(『夜と霧』)」は、期末レポートのために読破する必要がある。できるだけ早い時期に購入して読み始めること。

*5月末までの自宅学習の間、以下の課題に取り組むこと。今度の自宅学習期間は、途中で解除になる可能性があるかもしれませんが、授業が再開しても、この日に提出してください。

① ショーン・エイカー「幸福と成功の意外な関係」2度視聴する。彼は、「成功したら幸せになる、のではなく、幸せだから物事がうまくいく」といいます。これは、近年(この20年くらい)で急速に研究が進んでいる、ポジティブ心理学の重要な発見の一つです。皆さんは、何か頑張って成果を上げると、きっと幸せになると思っているかもしれませんが、その発想では、実は、永遠に幸せにたどり着かないだけでなく、思うような成果も上がらないかもしれないのです。彼の言葉通りに1ヶ月間生きてみる。自分に起こった変化をまとめ、自分の考察を交えてレポートする。

キャロル・ドゥエク「必ずできる! 未来を信じる脳の力」2度視聴する。ドゥエクは発達心理学の世界的権威で、成功心理学の古典的名著にして世界的ベストセラー、『マインドセット「やればできる!」の研究』などの著作があります。彼女の発見は、人間の成功は「マインドセット」、つまり、私たちが自分自身に対して「やればできる!」と思っているのか、「どうせだめだから」とおもっているか、その意識の持ちようによる、というものです。彼女の言葉通りに1ヶ月間生きてみる。自分に起こった変化をまとめ、自分の考察を交えてレポートする。ドゥエクの理論にしたがって、結果を気にせず、プロセスを大切に。

ホアキム・デ・ポサダ『マシュマロはまだ食べちゃダメ!」2度視聴する。このプレゼンテーションで紹介されている実験は、「マシュマロ実験」と呼ばれる、世界的に有名な研究です。人間の成功は、衝動に負けずに、大切なことを大切にする力によるということが示唆されています。私の言葉では、「心の筋力」ですね。この実験に倣って、大切だと思うことを大切に、自分の衝動と1ヶ月間戦ってみてください。自分に起こった変化をまとめ、自分の考察を交えてレポートする。

ジャ・ジャン『100日間拒絶チャレンジで学んだこと』2視聴する。人間が行動を起こす上で最も妨げになること、人間が最も嫌うこと、それは、人から拒絶されることです。その恐れを乗り越えなければ、いかなる行動にもつながりません。ジャンの挑戦では、拒絶されることを恐れて人にぶつからなければ、人の善意も、優しさも、チャンスも見逃してしまう、という可能性が示唆されています。ジャンのように、いかにも拒絶されそうな課題に立ち向かうことは、きついことかもしれません。ただ、その精神で、皆さんができる範囲の挑戦をしてみてください。例えば、今まで遠慮して人に頼まなかったこと、どう思われるか不安だったから、やめておいたこと・・・そんな「あきらめ」の理由はやはり、人から拒絶されることへの恐れではなかったでしょうか。自分の常識を、ほんの少し超えるくらいから始めてみてはいかがでしょう?

*6月15日までの自宅学習の間、以下の課題に取り組むこと。

アニータ・ムアジャーニ「喜びから人生を生きる」2度視聴する。彼女のメッセージを一言で言えば、「自分を大切にすること、自分を愛することが、いかに大切か」ということ。私たちは、「他人に優しくするように」と教えられて育ちますが、心理学的に、そして人間の真理として、他人に優しくするためには、まず、誰よりも自分に対して優しくできなければなりません。自分を愛せない人は、真の意味で他人を愛することができません。初めは心理的に抵抗があるかもしれませんが、これは、とても、とても大切なことです。皆さんにとって、この世の中で一番大切な人は誰ですか? 自分のことをその人よりも更に大切に扱ってみてください。そのために何ができるかを考えてみてください。自分に起こった変化をまとめ、自分の考察を交えてレポートしてください。

ジェフ・イリフ「眠ることが大切なもう一つの理由」2度視聴する。これから2週間、1日8時間前後の睡眠をとってみる。これは、自分大切にする一つの方法でもある。ただし、体には個人差があるため、どうしても合わない、という場合はこの限りではない。ただ、その場合でも、意識して体が欲するままに睡眠を取るようにしてみる。自分に起こった変化をまとめ、自分の考察を交えてレポートする。・・・ちなみに、1日8時間の睡眠を取ることは、皆さんの幸福度にプラスの影響を及ぼすことがわかっている。

③6月15日午前6時までに、上記2つの課題を一つのメールにまとめて提出のこと。対面授業が再開しても、再開しなくても、この日に提出ください。・・・提出期限が朝の6時になっていますが、もちろん、「徹夜で仕上げろ」という意味ではありません。早く提出するぶんには全く問題ありませんので、念のため。タイトルに【幸福論・氏名・学籍番号】を必ず記載してください。特段の形式はありませんが、ファイルを一つにまとめるか、あるいはそれ以上に、メールに直接テキストを貼り付ける形式で送付していただけると、私が処理しやすいです。「私に対して」という意味ではなく、社会で人と関わるとき、読む人が理解しやすく読みやすいように、思いやりを持って仕上げることは、大切なことです。

第1回 4月13日 自宅学習
第2回 4月20日 自宅学習
第3回  4月27日 自宅学習
(ゴールデンウィーク)
第4回 5月11日 自宅学習
第5回 5月22日(金曜日)自宅学習
第6回 5月25日 自宅学習
第7回 6月1日 自宅学習
第8回 6月8日 自宅学習
第9回 6月15日 「瞑想の科学:瞑想の実践」
第10回 6月22日 「ポジティブ心理学:幸福の実践」
第11回 6月29日 「習慣の科学:習慣を変える」
第12回 7月6日  「嫌われる勇気:ありのままの自分を愛する」『夜と霧』レポート提出期限
第13回 7月13日 「つながりの科学:つながりの科学と実践」
第14回 7月20日 「贈与的に生きる:贈与型人生で生産性を高める」
第15回 7月27日「スピリチュアリティと幸福」レポート②提出期限

問題発見演習I(1年次ゼミ)月曜5校時(16時20分〜17時50分)@3-306
▶課題図書:『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』

*ゴールデンウィーク明けまでの自宅学習の間、以下の課題に取り組むこと。

①サイモン・シネック「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」2度見て、意見、感想、異論、疑問などを論じる。論ずるとは、例えば、自分で疑問を呈し、その答えを論理的に導くことである。2度みることは重要である。価値のあるものを繰り返し心に留めることは、とても大切なことだからだ。心が動いたら、2度と言わず、5度でも10度でも、何度でも見ることには意味がある(私は多分このビデオを20回は見ていると思います)。シネックの考え方を元に、自分の行動を変えてみる。その顛末をまとめる。

②フレデリック・ラルー「天職との出会い方」2度読んで、自分の目の前のことにベストを尽くしてみる。その顛末をまとめる。

③ジル・ボルト・テイラー「パワフルな洞察の発作」2度見て、意見、感想、異論、疑問などを論じる。テイラーの考え方を元に、自分の行動を変えてみる。その顛末をまとめる。

④私のゼミでは、行動をとても重視します。学ぶということは、知識を増やすだけではありません。どれだけ野球の教科書を読み込んでも、野球が上手くなるわけではありません。どれだけ学んでも、それを行動に移して、皆さんの人生を変えなければ、学ぶ意味はないのではないでしょうか。

⑤以上の課題をひとつにまとめて、メールにて提出のこと。期限は5月11日午前6時。
こんな環境だからこそできること、こんな環境でしかできないことが必ずあります。全人生で一番大切な時間は「今」です。ぜひとも、人生で一番大切なものを無駄にしないようにしましょう。以上です。質問など、いつでも連絡してください。

*5月末までの自宅学習の間、以下の課題に取り組むこと。今度の自宅学習期間は、途中で解除になる可能性があるかもしれませんが、授業が再開しても、この日に提出してください。

スコット・デインズモア「好きになる仕事はどうしたら見つかるのか」2度見て、デインズモアの考え方を元に、自分のこれまでの、そして、これからの生き方を見直してみる。自分の行動を変えてみる。その顛末をまとめる。

エイミー・パーディ「限界への挑戦」2度見て、パーディの考え方を元に、自分の行動を変えてみる。その顛末をまとめる。

スーザン・デイヴィッド「The Gift and Power of Emotional Courage」2度見て、彼女のプレデンテーションを参考にして、自分のありのままの感情を専用のノートに書き留めてみる。子供の時の感情でも、今の感情でも、誰かに対する感情でも、自分に対する感情でも構わない。自分の心の中には、自分も気がついていない感情が存在する。それが、どれだけ激しい感情でも、どれだけ醜い感情でも構わない。できれば毎日、ノートに書き留めるように。この課題は、100%皆さんのためのものです。提出する必要はありません。

④私のゼミでは、行動をとても重視します。学ぶということは、知識を増やすだけではありません。どれだけ野球の教科書を読み込んでも、野球が上手くなるわけではありません。どれだけ学んでも、それを行動に移して、皆さんの人生を変えなければ、学ぶ意味はないのではないでしょうか。

⑤以上の課題をひとつにまとめて、メールにて提出のこと。期限は6月1日午前6時。

*課題図書を1冊精読し、以下の課題に取り組んでください。提出日は最終授業日(7月27日月曜日)の午前6時です。

①あなたにとって、人の関心に関心を持つとは、具体的にどういうことでしょう。それをどれだけの深さで、どれだけの時間、誰に対して注ぐのでしょう? これから学期終了までの間、自分の誠実な意識を他人の関心に向けてみてください。それが心からのものであれば1日10分間であっても構いません。結果を求めるのではなく、ただ、それが正しいと感じた時に、その人のために立ち止まり、その人が世界で一番大切な人であるかのように接してみてください。

②そしてもう一つ、その愛情たっぷりの意識を、自分自身に向けてみてください。自分の関心に関心を注ぎ、自分が本当に望むことを、心から応援して、助けてみてください。

③その顛末をレポートしてください。

「人の関心に関心を示す」と言うことに関して、こちらの動画をご参照ください。 https://www.youtube.com/watch?v=ay-_PJRYRY0&t=1485s

第1回 4月13日 自宅学習
第2回 4月20日 自宅学習
第3回 4月27日 自宅学習
(ゴールデンウィーク)
第4回 5月11日 自宅学習
第5回 5月22日(金曜日)自宅学習
第6回 5月25日 自宅学習
第7回 6月1日 対面授業再開
第8回 6月8日 『ビッグリトルファーム』(映画クリップ) 「『自然と共生する農場』ができるまで」(インタビュー)
第9回 6月15日
第10回 6月22日
第11回 6月29日
第12回 7月6日
第13回 7月13日
第14回 7月20日
第15回 7月27日

専門演習ac(3・4年次ゼミ)木曜4・5校時(14時40分〜15時50分) @3-306

*ゴールデンウィーク明けまでの自宅学習の間、以下の課題に取り組むこと。

①スコット・ペック『愛すること、生きること』を(至急)購入し、第一部「訓練」、第二部「愛」(p14〜249)を二度精読する。二度読むことはとても重要である。

②第一部、第二部を通して、自分の理解のために質問をまとめること。質問の質は学びの質を決める。何を問うか、どのような問い方が最も自分の成長のためになるか、を吟味して問うこと。

③第二部「愛」の内容を深く考えながら、自分自身の愛の体験と比較し、まとめる。

④5月7日午前6時までに、メールで提出のこと。

⑤前期残りの授業(および後期の一部)は、本書を読み込んだ学生が、内容を深く理解しているという前提ですすめる。このため、この作業は、今期の学習にとって必須である。

*5月末までの自宅学習の間、以下の課題に取り組むこと。今度の自宅学習期間は、途中で解除になる可能性があるかもしれませんが、授業が再開しても、この日に提出してください。

書籍(エーリッヒ・フロム『愛するということ』)を購入し、こちらも、二度精読した上で、レポートをまとめてください。トリニティアップデイト に近々詳細をアップしますが、今日の時点ではまず、課題の書籍の購入を促す趣旨でお伝えしています。ペックの名著に勝るとも劣らない、名著中の名著です。レポートを仕上げることも重要ですが、それ以上に、内容とじっくり向き合うことを強く意識してください。本当に価値のある本ですから。

②自分の理解のために質問をまとめること。質問の質は学びの質を決める。何を問うか、どのような問い方が最も自分の成長のためになるか、を吟味して問うこと。

③スコットペックの愛、エーリッヒ・フロムの愛を実践し、まとめる。

⑤前期残りの授業(および後期の一部)は、本書を読み込んだ学生が、内容を深く理解しているという前提ですすめる。このため、この作業は、今期の学習にとって必須である。提出期限は、6月4日(木)午前6時です。

*課題図書を1冊精読し、以下の課題に取り組んでください。提出日は最終授業日(7月27日月曜日)の午前6時です。

①あなたにとって、人の関心に関心を持つとは、具体的にどういうことでしょう。それをどれだけの深さで、どれだけの時間、誰に対して注ぐのでしょう? これから学期終了までの間、自分の誠実な意識を他人の関心に向けてみてください。それが心からのものであれば1日10分間であっても構いません。結果を求めるのではなく、ただ、それが正しいと感じた時に、その人のために立ち止まり、その人が世界で一番大切な人であるかのように接してみてください。

②そしてもう一つ、その愛情たっぷりの意識を、自分自身に向けてみてください。自分の関心に関心を注ぎ、自分が本当に望むことを、心から応援して、助けてみてください。

③その顛末をレポートしてください。

「人の関心に関心を示す」と言うことに関して、こちらの動画をご参照ください。 https://www.youtube.com/watch?v=ay-_PJRYRY0&t=1485s

第1回 4月9日 自宅学習
第2回 4月16日 自宅学習
第3回 4月23日 自宅学習
第4回 4月30日 自宅学習
(ゴールデンウィーク)
第5回 5月7日 自宅学習
第6回 5月14日 自宅学習
第7回 5月21日 自宅学習
第8回 5月28日 自宅学習
第9回 6月4日 対面授業再開
第10回 6月18日
第11回 6月25日
第12回 7月2日
第13回 7月9日
第14回 7月16日
第15回 7月30日

【2020年前期 樋口耕太郎】