最後にごま油を加え、香りよく仕上げるのがおいしさの秘訣です。
短時間でできるセロリの副菜も一緒に。


写真をクリックすると拡大します。

材料:
有機小松菜(2わ・約400g)
宮﨑産の無投薬尾崎牛切り落とし肉(約400g)
有機ねぎ(20㎝)
成城石井の無添加オイスターソース(大さじ2)
無添加豆板醤(少々)
純米酒 有機醤油 オーサワの一番搾り菜種油 野甫島の塩 マルホンの太香ごま油

作り方:
①有機小松菜は根元を切り、長さ3㎝に切る。有機ねぎは幅1㎝の斜め切りにする。牛肉は大きければ食べやすく切り、純米酒大さじ2、有機醤油大さじ1をもみ込む。
スイスダイヤモンドのフライパンオーサワの一番搾り菜種油大さじ2を強火で熱し、有機小松菜を入れて炒める。全体に油が回ったら、野甫島の塩少々をふってさっと炒め、いったん取り出す。
③同じフライパンにオーサワの一番搾り菜種油大さじ2と無添加豆板醤を中火で熱し、有機ねぎを入れて炒める。しんなりとしたら牛肉を入れて炒め、肉の色が変わったら、成城石井のオイスターソースと、有機醤油大さじ各1、純米酒大さじ2を順に加えてさっと炒める。有機小松菜を戻し入れて炒め合わせ、仕上げにごま油小さじ2をふって器に盛る。

材料と作り方(セロリの甘酢漬け):
❶セロリの茎1本分は筋を取り、長めの乱切りにする。セロリの葉1/3本分は食べやすく切る。
❷❶を耐熱のボールに入れ、美濃有機純米酢大さじ2、粗糖大さじ1、野甫島の塩小さじ1/4を加えて混ぜる。ぴったりとラップして電子レンジ(600W)で1分ほど加熱する。取り出してさっと混ぜ、祖熱が取れたら器に盛る。

なぜ私たちが食に関心を持つのか、おいしいレジスタンスを参照下さい。